長島有里枝+岩根愛 トークイベント

長島さんイベント

3/7(土)19時〜20時30分(18時30分開場)
参加費 1500円
定員50人
base(こちら)、もしくは店頭での前払いにて承ります。
満員御礼 たくさんのお申込みありがとうございました

『「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ』(大福書林)を上梓した長島有里枝さんのトークイベントを、百年で開催します。

本書は、1990年代に「女の子写真」と呼ばれていた写真潮流について写真家・長島有里枝さんが、ジェンダー規定的な芸術の潮流は存在可能か、可能であればどのような場合にそうだといえるのかという問題を、フェミニズム的観点から考察したものです。

写真表現に性別は関係があるのか。権威が代弁してきた当時の女性写真家たちの表現は、当事者から見てどのようなものだったのか。
同時代の写真家であり、第44回木村伊兵衛写真賞を受賞された岩根愛さんをゲストにお招きし、お話しいただきます。

長島有里枝
1973年、東京都生まれ。1993年、武蔵野美術大学在学中に「アーバナート#2」でパルコ賞を受賞しデビュー。1999年カリフォルニア芸術大学 Master of Fine Arts 写真専攻修了。2001年『PASTIME PARADISE』で第26回木村伊兵衛写真賞受賞。 2010年、『背中の記憶』で第23回三島由紀夫賞候補、第26回講談社エッセイ賞受賞。2015年武蔵大学人文科学研究科社会学専攻前期博士課程修了。早稲田大学、東京大学などで写真を教えながら、 ジャンルの枠を超えた表現活動を行なっている。最近著に『「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトヘ』(大福書林)がある。

岩根愛
東京都出身。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。帰国後、1996年に独立。2006年以降、ハワイにおける日系文化に注視し、2013年より福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続ける。2018年、初の作品集『KIPUKA』(青幻舎)を上梓、第44回木村伊兵衛写真賞、伊奈信男賞受賞。
岩根愛写真展「KIPUKA」2020年2月15日(土)~3月1日(日)10:00~18:00 (2月18日(火)休館)/会場:まなび創造館(愛知県小牧市)